• home
  • 乳がんについて
  • 施設案内
  • スタッフ
  • ひまわりの会
  • リンク

診療のながれ

当クリニックを受診していただく際は・・・

当クリニックは予約診療の形をとらせていただいております。
予約なしで来院していただいた場合、その時間帯に他の患者様の予約が入っていない場合は診療させていただいておりますが、あくまでも予約を優先しますので、その日には診療が出来ない、あるいは数時間お待ちいただく場合もあることをご了承ください。スムースに診察を受けていただくために、事前にお電話あるいはファックスで予約を取っていただくことをお勧めします。>>予約・お問合せ
安心して検査・治療を受けていただくために
安心して乳腺・乳がんの治療に専念していただけるよう、以下のような施設をご用意しております。
  • プライバシーに配慮した外来システム
  • 全室個室の入院施設
  • ゆったりできる外来化学療法室

初診時の診療の流れ

来院していただいて受付をすませていただくと、まず問診票をお渡ししますので、症状等を出来るだけ詳しくお書き下さい。 その後看護師がその問診票を参考にお話を聞かせていただきます。

問診が終わると、妊娠等でマンモグラフィ撮影が出来ない場合以外は、医師の診察の前にマンモグラフィ撮影があります。その際には更衣室で検査着に着替えて撮影をしていただきます。撮影時間は数分です。乳房を圧迫しながら撮影しますので、痛みを感じる方もおられますが、少しの間我慢してください。

撮影が終了すると次に診察になります。診察室に入っていただき、改めて医師の診察を受け、必要な場合は引き続き超音波検査を受けていただきます。

乳腺疾患のほとんどは視触診、マンモグラフィおよび超音波検査で発見できますので、当院では原則として初診の方にはマンモグラフィと超音波検査は必ず受けていただいています(尚、他院でマンモグラフィ撮影を受けて、フィルム等を持参されておられる方は看護師が問診する際に申し出てください。撮影から時間が経っていたり、撮影条件がよくない場合は当院で再度撮影させていただくことがあります)。

診療の流れ

図:診療の流れ

視触診とマンモグラフィ、超音波のいずれにも腫瘤や石灰化病変等の異常がない場合は、経過観察(あるいは診療終了)になります。

視触診、マンモグラフィで腫瘤等の所見があり、それが超音波でも確認できる場合と、マンモグラフィで腫瘤等の所見が見られなくても、超音波で腫瘤が見つかり、それが少しでも悪性を疑う所見がある場合には、引き続き超音波ガイド下穿刺吸引細胞診を施行します。

細胞診の検査は簡便安価で、なおかつ正確な診断が得られる非常に有効な検査方法です。ただし、医師の技術不足や細胞処理の不備、細胞診断医のレベルによって異なる結果が出やすいデリケートな検査です。でもご安心ください。当院では細胞診の穿刺技術には絶対の自信がある院長が正確な穿刺を心がけており、また、細胞処理も専門の検査技師が行っているため非常に良好です。

さらに院長は日本細胞診学会の細胞診専門医の資格を有しており、出来上がった標本は全て自分で検鏡して診断しております。これまで診断した細胞診断は2,500件を越えています。ちなみに当院の細胞診の正診率(良性を良性と、悪性を悪性と診断できる確率)は93%を越えており、非常に高いレベルを維持しております(乳癌学会等でも報告を継続しています)。

超音波で腫瘤があり細胞診を施行しても、どうしても良悪性の判断がつかない場合が数%はあります。また、細胞診で乳がんの診断が確定している場合でも、手術前に抗がん剤治療等を施行する場合等は細胞診検査で使うよりも太い針で腫瘍の一部を塊で採取する針生検あるいは超音波ガイド下マンモトーム生検を行う場合があります。この検査では腫瘍の一部が塊として採れますので、病理診断が可能になるため、細胞診で診断がつかなかった症例でもほぼ100%確実に診断がつけられます。

マンモグラフィで石灰化病変(乳腺の中にカルシウムが沈着した状態)があり、超音波で腫瘤等が見えない場合、その石灰化病変が明らかに良性と考えられる場合は経過観察になりますが、悪性腫瘍に伴う石灰化の可能性があると判断した場合は日を改めてステレオガイド下マンモトーム生検という検査を受けていただくことになります。

この検査は機械が特殊なため、非常に有効な診断手段なのですがあまり検査を行える施設がありません。当院では京都府内で2台という腹臥位(腹這いになって検査が受けられる)式マンモトーム生検装置を備えており、しこりにもなっていない超早期の乳がんを多数発見して治療に結びつけています。

以上のような検査に加えて、CT(当院で施行可能です)やMRI(他病院を紹介して検査します)等の画像診断を行うことでさらに正確な腫瘍の広がり診断や、全身転移の有無等がわかります。これら全ての検査を総合してその後の治療方針を決定していきます。

このページの先頭に戻る

精密検査

マンモグラフィ検査
画像:マンモグラフィ 乳房を2枚の圧迫版で挟みながら乳房内の乳腺をなるべく薄く引き延ばしてレントゲン撮影をする検査です。約12キロくらいの圧をかけますので、少々(個人差があり、あまり痛みを感じない方から強い痛みを感じる方まで様々です)痛みを伴いますが、片方の乳房撮影はわずか数分で終了しますので、怖がらないで受けて下さい。当院の臨床放射線技師は2名とも女性技師で、マンモグラフィ精度管理中央委員会(精中委)の撮影技術認定A判定を有しています。安心して検査を受けて下さい。リラックスする程良いマンモグラフィが撮影できます。
画像:内外斜位方向撮影 内外斜位方向撮影です。乳腺のほとんどの範囲が撮影できるので、検診ではこの撮影方法が中心です。
画像:内外斜位方向の写真 内外斜位方向の写真です。
画像:頭尾側方向撮影 頭尾側方向撮影です。内外斜位方向撮影で写りにくい乳房の内側を観察するための撮影です。
画像:頭尾側方向の写真 頭尾側方向の写真です。
超音波検査
画像:超音波検査 乳腺内の病変を詳細に検査するための装置です。 仰向けに寝た状態で、乳房の表面にゼリーを塗り、超音波をあてて検査をします。まったく痛みはありません。 中央に黒っぽく写っているのが病変です。
超音波ガイド下穿刺吸引細胞診検査
画像:超音波ガイド下穿刺吸引細胞診検査 超音波で病変を確認しながら、乳房に細い針を差し込んで細胞を採取する方法です。 超音波ガイド下穿刺吸引細胞診検査の画像です。中央やや右側の黒い部分の中に白い針が横に刺さっているのが確認できます。確実に腫瘍の中に針が入ったことを確認した上で細胞を吸引します。
石灰化病変に対するマンモトーム生検検査
画像:石灰化病変に対するマンモトーム生検検査 乳腺の一部に石灰化病変が確認できた場合に、この石灰化の周囲に早期乳がんが隠れている場合があるので、この石灰化を目標に乳腺組織の生検を行う検査方法です。 腹這いになって台の下に乳房を垂らして乳腺を圧迫しながら針を差し込む検査です。 十分に局所麻酔をした後、圧迫した乳房に約4ミリの針を差し込んで石灰化を含む乳腺組織を吸い取ってきます。 生検で採取した組織です。確実に石灰化病変を含む組織を採取できているかどうかをマンモグラフィ撮影で確認します。
  • ボタン:初めての方へ
  • ボタン:予約の流れ
  • ボタン:診療の流れ
  • ボタン:おおえ乳腺クリニック フェイスブックページ

院長紹介

画像:院長近影

院長 大江 信哉(おおえしんや)
「あなたに最適な乳腺診療を、舞鶴から・・・」を理念として、京・舞鶴に北近畿初の乳腺専門有床診療所、『おおえ乳腺クリニック』を開院し、2007年6月1日より診療を開始いたしました。いま日本女性が一番多くかかる「乳がん」とここ舞鶴の地で真剣に取り組んでまいります。

当クリニックの特色

専門性の高いスタッフと先進機器により、早期発見、治療します。 女性技師がマンモグラフィを担当します。
 >>診療の流れ

安心して乳腺・乳がんの治療に専念できる施設の完備しています。

  • ・プライバシーに配慮した外来システム
  • ・全室個室の入院施設
  • ・ゆったりできる外来化学療法室 >>施設案内

病気ではなく、受診していただくあなたと十分向き合うため、コミュニケーションを大切にします。そのため、原則予約診療となっております。
 >>予約・お問合せ